【最新版】サブスクのおすすめサービス11選!

【2021年最新】本のおすすめサブスク8選!小説から雑誌まで徹底比較

本のサブスクってないの?おすすめが知りたいな!

読書したいんだけど、本屋に行くのは面倒…。サブスクで手軽に購入したい!

こういった疑問にお答えしていきます。

小説や漫画などの本を読みたいと思っても、お得かつ手軽に読みたいですよね。

そこで本記事では、2021年最新版、本のおすすめサブスクを小説から雑誌まで徹底比較します!

この記事から分かること
  • 本のサブスクとは何か
  • 本のサブスクの選び方
  • 本のおすすめサブスク

それでは早速見ていきましょう。

当サイトでおすすめのサブスクサービス
  1. Amazonプライム動画見放題、音楽聴き放題、本読み放題!30日間無料体験もあるので、申し込まなきゃ損!
  2. U-NEXT:200,000本以上の映画が⾒放題で断トツのNo.1!最新レンタル作品も充実!まずは31日間無料トライアル!
  3. Hulu(フールー)日テレ作品や海外ドラマに強い!月額1,026円で見放題!今なら2週間無料!

さらに詳しく知りたい方は「【最新】サブスクのおすすめサービス11選!音楽から食べ物までご紹介」をチェック!

目次

本のサブスクとは?

本のサブスクとは?

あなたは本のサブスクとは具体的に何か知っていますか?

サブスクというと、定額制の音楽や映画・ドラマなどが聴き放題・見放題になるサービスを想像されるはずです。

本のサブスクもそれと似たサービスです。

本のサブスクサービスには、大きく分けて「紙」と「電子書籍」に分かれます。

  • 紙:紙の本が自宅に届く
  • 電子書籍:お手持ちの携帯やkindleなどで見れる

是非2つの違いは覚えておきたいところです。

本のサブスクの選び方

本のサブスクの選び方

本のサブスクの選び方は大きく分けて、4つあります。

まとめると以下の通り。

  1. 月額料金
  2. ジャンル
  3. 取り扱っている本の数
  4. 無料お試し期間

1つ1つ解説していきます。

月額料金

本のサブスクサービスの月額料金はかなり分かれています。

そのため平均を出すとなると難しいものがあります。

しかし大体、月額料金3,000円以下のものが多い印象です。

月額料金はコスパ度合いに直接影響するので、是非見ておきたいポイントです。

ジャンル

続いてはジャンルです。

いくら月額費用が低くても、ジャンル数が少なければ見たい本も見られないはずです。

そのためあらかじめ自分が見たいジャンルは何があるのかを、考えておくようにしましょう。

取り扱っている本の数

取り扱っている本の数は、当然ながら多いほうが良いです。

ただ本数が多いと月額費用も高くなる傾向にあります。

そのため、おすすめの方法としてはジャンルを絞った上で取り扱っている本の数が多いサブスクを選ぶことです。

無料お試し期間

無料お試し期間もおすすめを選ぶ上では大切です。

現在、多くの本のサブスクサービスが無料お試し期間を実施しています。

説明だけではわからないような魅力や特徴が必ずあるはずです。

そのためにも実際にサブスクサービスを使ってみて、期間が近づいたら退会するようにして色々試してみることをおすすめします。

それでは早速おすすめをご紹介していきます。

まとめると以下の通り。

  1. Kindle Unlimited
  2. タダ本
  3. ブック放題
  4. dマガジン
  5. 楽天マガジン
  6. ブックパス
  7. shelff(シェルフ)
  8. シーモア読み放題

順番に解説します。

1. 圧倒的な本の数があるおすすめサブスク!小説・ビジネス本はこれ1つ「Kindle Unlimited」

Kindle Unlimited

最初にご紹介する本のおすすめサブスクは「Kindle Unlimited」。

本読み放題のサブスクといえば迷わず、Amazonが提供する「Kindle Unlimited(キンドル アンリミテッド)」がおすすめです。

こちらのサブスクの特徴は、やはり圧倒的な取り扱い本数。

和書だけでも12万冊を読むことが可能で、取扱いジャンルもほとんど全てを網羅しています。

様々なジャンルを幅広く読むことができるので、かなりおすすめです。

げんた

実際に「Kindle Unlimited」をつかっているけど、登録も簡単で、かなりスムーズだよ!

サブスクの詳細情報

月額料金980円
ジャンル書籍(小説、ビジネス本など)・雑誌・漫画・洋書・
取り扱っている本の数和書12万冊、洋書120万冊
無料お試し期間1ヶ月
お得度合い

\今なら2ヶ月299円キャンペーン実施中/

2. リアルコミック・書籍が無料で届く業界初の本のサブスクリプションサービス「タダ本」

タダ本

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「タダ本」。

こちらはリアルコミック・書籍が無料で貰える業界初のサブスクサービスになります。

ネットで販売している110円以下のコミック・書籍がすべて0円になるという画期的なサービスです。

年会費は5,800円(送料別)で対象商品はなんと10万冊以上!

その毎月15冊まで選ぶことができ、年間最大19,800円分のコミック・書籍が無料で届くという非常に魅力的なサブスクです。

対象となる商品は以下のようなものがあります。

  • ワンピース
  • 進撃の巨人
  • NARUTO
  • 東野圭吾・池井戸潤などの名作小説
  • ビジネス書

などなどこれが同品質で届きます。

送料無料にもなる

送料無料にもなる

「タダ本」は送料無料にすることも可能です。

1回の注文につき、全国一律440円の送料がかかりますが、3点・6点・9点の「タダ本「」を注文した場合は、送料が150円になります。

そして「タダ本」と通常商品1,000円分を合わせて合計3点・6点・9点で注文する場合、送料無料になります。

サブスク研究員

これはかなりお得なサービスですね。

また「タダ本」会員になると、ネットオフで利用できるお買い物クーポンを毎月プレゼント。

  • 1か月目:100円分
  • 2か月目:200円分
  • 3か月目・4か月目:250円分
  • 5か月目:300円分

それに加えて、3か月に1度、ネットオフでの買取金額が50%UPするボーナスクーポン
もプレゼント!

げんた

至れり尽くせりだね。僕だったら今間違いなく申し込むね!

サブスクの詳細情報

月額料金483円
ジャンルコミック、書籍
取り扱っている本の数20万冊
無料お試し期間×
お得度合い

3. 人気雑誌200誌以上・名作マンガ20,000冊以上を誇る本のおすすめサブスク「ブック放題」

ブック放題

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「ブック放題」。

なんと言っても月額550円(税込)で350誌以上の雑誌が読み放題なのが特徴です。

また旧作完結マンガが3万冊以上も読めるのも魅力的。

端末台数は5台まで(スマホ・タブレット・パソコン)OKなので、みんなでシェアしたりするとより安く、コスパ高く利用できるでしょう。

また記事検索ができるため、便利で使い勝手のよいアプリとしても人気です。

その他の魅力
  • 雑誌・マンガをアプリにダウンロード可能
  • タイトル検索だけでなく記事検索も可能
  • 毎号読みたい雑誌は「マイ本棚」にお気に入り登録できる

本のサブスク選びに迷ったら是非利用したいサービスです。

サブスクの詳細情報

月額料金550円
ジャンル主に雑誌・マンガ
取り扱っている本の数350誌以上の雑誌、30,000冊以上のコミックスが読み放題
無料お試し期間一ヶ月
お得度合い

4. 国内の200誌以上の雑誌が読める本のおすすめサブスク「dマガジン」

dマガジン

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「dマガジン」。

こちらのサブスクはドコモ(docomo)が提供する、雑誌読み放題のサービスです。

国内の200誌以上の雑誌が読み放題になっていて、なんと月額400円で利用することが可能。

取り扱っているジャンルとしては多岐に渡り、今でも増加中です。

  • ファッション
  • ビジネス
  • スポーツ
  • エンタメ…etc

ユーザー人気も高いサービスです。

サブスクの詳細情報

月額料金400円
ジャンル雑誌
取り扱っている本の数200誌以上
無料お試し期間一ヶ月
お得度合い

5. 月額380円でコスパ高く本が読めるおすすめのサブスク「楽天マガジン」

楽天マガジン

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「楽天マガジン」。

こちらのサブスクは、月額380円(税別)で500誌以上の雑誌読み放題が利用できます。

げんた

ラインナップも豊富だね!

ジャンルは11種類

ジャンルは以下の通りです。

  1. 女性ファッション・ビューティー
  2. 女性ライフスタイル
  3. 男性ファッション
  4. 男性ライフスタイル
  5. グルメ・トラベル
  6. スポーツ・アウトドア
  7. IT・ガジェット
  8. ビジネス・経済
  9. ニュース・週刊誌
  10. 家事・インテリア
  11. 趣味・娯楽

それだけでなく、バックナンバーも読み放題できます。

初回登録時は31日間無料で試すことができますが、利用には当然ながら楽天会員登録が必要です。

楽天市場などを利用する方はポイントが貯まるので、かなりおすすめです。

サブスクの詳細情報

月額料金380円(税抜)
ジャンル雑誌
取り扱っている本の数500誌以上
無料お試し期間一ヶ月
お得度合い

6. 国内の紙媒体を幅広く取り扱う本のおすすめサブスク「ブックパス」

ブックパス

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「ブックパス」。

こちらのサブスクは約40万冊の書籍を取り扱う巨大サービスです。

1冊ごとに購入する「購入」と「読み放題プラン」の2つが利用できます。

読み放題プラン(月額560円)の場合は、以下のようなジャンルが読めます。

  • コミック
  • 雑誌
  • 小説
  • 実用書
  • 写真集

または約300誌の雑誌が読めるマガジンコース(月額380円)があります。

初回は30日間の無料期間もついてきます。

サブスク研究員

auの方だとより便利に使うことができるね!

サブスクの詳細情報

月額料金読み放題プラン:562円、総合コース:380円
ジャンル漫画、雑誌、書籍
取り扱っている本の数マガジンコース/約300誌、総合コース/4万冊以上
無料お試し期間7日
お得度合い

7. 読みたい本が毎月届くおすすめサブスク「shelff(シェルフ)」

shelff(シェルフ)

続いてご紹介する本のおすすめサブスクは「shelff(シェルフ)」。

こちらのサブスクは、会員登録して読みたい本の希望リストを設定することで、読みたい本が毎月3冊届きます。

本は読みたいリストの中の2冊と、関連した本1冊を読むことが可能です。

毎月3,500円(税別)を支払うことで、必要なくなった本の買取サービスを利用すると、月額2,500円(税別)とかなり安くなります。

企業側もこうすることで、利益を保てるため安くすることに成功しています。

そして本の循環を作ることで、読書習慣が身に付くサブスクでもあるでしょう。

サブスクの詳細情報

月額料金3,500円(税別)
ジャンルビジネス本や自己啓発本が多い
取り扱っている本の数不明
無料お試し期間なし
お得度合い

8. 漫画や小説など53万冊以上揃える本のおすすめサブスク!CMでも話題「シーモア読み放題」

シーモア読み放題

最後にご紹介する本のおすすめサブスクは「シーモア読み放題」。

とにかく漫画と小説を読みたいという方にはこちらがおすすめです。

漫画やライトノベル、小説などの電子書籍を53万冊以上揃える電子コミック・電子書籍が読み放題です。

購入からレンタル、読み放題の3つのサービスが利用できます。

そして読み放題のプランは以下の通りです。

  • 読み放題ライト:月額780円(税込)
  • 読み放題フル:月額1480円(税込)

違いは取り扱うタイトル数とジャンルの多さになります。

読み放題ライト約9300タイトル(約2万1000冊)、7ジャンル
読み放題フル約2万5000タイトル(約5万4000冊)、11ジャンル

それぞれジャンルが違うので、自分に合ったほうを選びましょう。

サブスクの詳細情報

月額料金・読み放題ライト:月額780円(税込)
・読み放題フル:月額1480円(税込)
ジャンル・読み放題ライト:7ジャンル
・読み放題フル:11ジャンル
取り扱っている本の数・読み放題ライト:約9300タイトル、約2万1000冊
・読み放題フル:約2万5000タイトル、約5万4000冊
無料お試し期間7日間
お得度合い

本のおすすめサブスク一覧表!特徴を比較しよう

スクロールできます
サブスク名月額料金ジャンル本の数無料お試し期間
Kindle Unlimited※おすすめ980円書籍(小説、ビジネス本など)・雑誌・漫画・洋書・和書12万冊、洋書120万冊一ヶ月
タダ本483円コミック、書籍20万冊×
ブック放題550円主に雑誌・マンガ350誌以上の雑誌、30,000冊以上のコミックスが読み放題一ヶ月
dマガジン400円雑誌200誌以上一ヶ月
楽天マガジン380円(税抜)雑誌500誌以上一ヶ月
ブックパス・読み放題プラン:562円
・総合コース:380円
漫画、雑誌、書籍・マガジンコース/約300誌
・総合コース/4万冊以上
7日間
shelff3,500円(税別)ビジネス本や自己啓発本が多い
シーモア読み放題・ライト:月額780円(税込)
・フル:月額1480円(税込)
・読み放題ライト:7ジャンル
・読み放題フル:11ジャンル
・ライト:約9300タイトル、約2万1000冊
・フル:約2万5000タイトル、約5万4000冊
7日間

本のおすすめサブスク一覧表でまとめました。

是非特徴を比較して、お気に入りのサブスクを利用しましょう。

本はサブスクにしてお得&手軽に読書をしよう!

本はサブスクにしてお得&手軽に読書をしよう!

いかがだったでしょうか?

「本のおすすめサブスク7選!小説から雑誌まで徹底比較【2021年最新】」というテーマでお伝えしました。

本と言っても雑誌や小説、漫画など様々な種類があります。

自分が本当に読みたいジャンルは何なのかということをあらかじめ決めておくことが一番大切でしょう。

また本のサブスクは近年急増しています。

今後もこの流れが加速していくはずです。

遅れを取らないためにも、是非今回ご紹介した本のおすすめサブスクを参考にしながら、お得かつ手軽に読書をしましょう!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる